高品質付加製造用ソレフPVDFフィラメントを発売

ソルベイがソレフ®PVDFフィラメントを発売し、Ultimakerのマテリアルアライアンスに参加

2019年11月20日ボラーテ(イタリア) – ソルベイの高品質付加製造(AM: Additive Manufacturing)用材料製品群にソレフ®PVDF AMフィラメントが新たに加わります。この新しい高機能製品は熱溶解フィラメント製法(FFF: Fused Filament Fabrication)向けに開発されたもので、現在、ソルベイのAM材料用Eコマースプラットフォーム(www.solvayamshop.com)で世界中のどこからでも購入できます。

ヘイラーECTFE液体コーティングがシリコンウエハー加工装置に採用

ソルベイのヘイラー® ECTFE 液体コーティングがSWIの課題解決に貢献

2019年11月14日 – アルファレッタ(米国ジョージア州) — ソルベイのヘイラー® ECTFE 液体コーティングシステムを使用することで、SWI は複雑な形状のシリコンウエハー加工装置のコーティングを可能にしました。Southwest Impreglon(SWI)社は特殊コーティングの会社で、長年にわたってソルベイのヘイラー®ECTFEパウダーコーティングを採用してきました。新たにソルベイの製品ラインに加わったヘイラー®ECTFE液体コーティングシステムは、静電粉体塗装には適さない複雑な部材でも質の高い防食を可能にするために、ピンホールのない、滑らかで均質な平面を実現します。苛酷な化学プロセス環境で使用される複雑な形状の部品、不整表面、大型容器、管内部、タンク、コンテナなどの塗装に適しています。

SONGWON Industrial Groupが2019年第3四半期の決算を発表

ウルサン・韓国 – 2019年11月14日 – SONGWON Industrial Group(www.songwon.com)は、本日、2019年第3四半期の決算を公開しました。2019年第3四半期のグループ総売上高は、2,083億8,800万韓国ウォンを達成し、前年同四半期の売上高(2,044億300万韓国ウォン)に比べ1.9%の収益増を記録しました。一方、第3四半期のグループ売上総利益率は19.7%まで下降したと報告されています。2018年9月の年度累計連結売上高(5,927億1,600万韓国ウォン)に比べ、SONGWONの2019年9月の年度累計連結売上高(6,172億7,200万韓国ウォン)は4.1%増、純利益は12%(289億500万韓国ウォン)減少しました。

Moxa、産業分野におけるサイバーセキュリティ課題の克服に向けた産業用ネットワーク防御ソリューションを発表

台湾、台北、2019年11月12日 – 産業用通信およびネットワーキングのリーディング・カンパニーであるMoxaは、OT(運用技術)とIT(情報技術)の両面における産業用ネットワーク保護に特化した、産業用ネットワーク防御ソリューションを発表しました。産業用ネットワーク分野では包括的なサイバーセキュリティ・ソリューションを求める声が高まっており、Moxaは本ソリューションによって、こうした市場ニーズへの対応を進めます。Moxaの産業用ネットワーク防御ソリューションは、多層防御戦略に不可欠な構成要素であるIPS(侵入防御システム)などのIT向けのクリティカルなサイバーセキュリティ・テクノロジーを搭載しているほか、既存の産業オペレーションを維持したままOTネットワークをサイバー脅威から保護できるよう特別な調整が施されています。

Mega-Fitパワーコネクターの製品ラインアップを拡充_2列電線対電線

日本モレックス、ミドルレンジの電源用途に向けた「Mega-Fitパワーコネクター」に2列電線対電線用コネクターおよび1列電線対基板用コネクターを追加

2019年11月12日 – 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、ミドルレンジの電源用途に向けた「Mega-Fitパワーコネクター」に、2列の電線対電線用コネクターおよび1列の電線対基板コネクター用を追加しラインアップを拡充したことを発表しました。

RASTコネクターシステムに電線対電線用バージョンを追加

日本モレックス、安全要件の厳しい家電製品および自動車照明の電源用途に向けた電線対基板用「RASTコネクターシステム」に電線対電線用のバージョンを追加

2019年11月6日 – 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、安全要件の厳しい家電製品および自動車照明の電源用途に向けた電線対基板用「RASTコネクターシステム」に、電線対電線用のバージョンを追加しバリエーションを拡張したことを発表しました。

Xencor LFTが初の完全樹脂製Eバイクに採用

Stajvelo社が初の完全樹脂製EバイクにソルベイのXencor™ LFTを採用

イタリア、ボラーテ、2019年10月23日 — Stajvelo社は、高機能の射出成形複合材であるソルベイのXencor™ LFTコンパウンドを採用し、世界初のEバイクを開発しました。モビリティ、快適性、デザイン性を備えた、革新的でアーバンなEバイクです。ソルベイは、K 2019のホール6、ブースC61でこのEバイクを展示します。

ポッティング処理に対応した電線対基板用コネクターMicro-Lock Plusを発表_Hosing

日本モレックス、電線対基板用コネクターシステム「Micro-Lock Plus」にポッティング処理に対応した1.25mmピッチ垂直ヘッダーを追加

2019年10月18日 – 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、コンパクトサイズと接続信頼性を両立した電線対基板用コネクターシステム「Micro-Lock Plus」に、ポッティング処理に対応した1.25mmピッチの垂直ヘッダーを追加しラインアップを拡充したことを発表しました。ポッティング処理対応の電線対基板用コネクターとして、業界最小クラスの製品です。

K2019でサステナビリティへの取り組みを表明

SONGWONがK2019でサステナビリティへの取り組みを表明

ウルサン・韓国 – 2019年10月18日 – 世界第2位のポリマー添加剤メーカー、スペシャルティケミカルのグローバルリーディングカンパニーであるSongwon Industrial Co., Ltd.は、K2019の開催期間中にその持続可能なソリューションを公開し、サステナビリティへの注力を表明するとともに、循環経済の推進者としての立場を明らかにします。

solvaylogo

拡大する高機能シール用途の需要拡大に対応するためテクノフロン® FKMの生産能力を増強

2019年10月18日、ブリュッセル — ソルベイは自動車、石油・ガス、半導体の市場における高機能シールの継続的な需要拡大に対応するため、イタリアのスピネッタ・マレンゴ工場のテクノフロン® パーオキサイド加硫FKMの生産能力を約30%増強致します。

solvaylogo

インドでソルベイのベラデル® PESUの新規生産ラインが操業開始

2019年10月17日、アルファレッタ(米国ジョージア州)— ソルベイはインドのパノリ工場でベラデル®ポリエーテルサルホン(PESU)の新たな生産ラインの操業を開始しました。主としてヘルスケアや水処理産業からの、この高機能熱可塑性材料の莫大な需要に対応するために、ソルベイは現在、生産能力の向上に乗り出しています。

業界のコミットメントを実証し、K2019で新たなソリューションを発表

SONGWONが業界のコミットメントを実証し、K2019で新たなソリューションを発表

ウルサン・韓国 – 2019年10月16日 – 世界第2位のポリマー添加剤メーカー、スペシャルティケミカルのグローバルリーディングカンパニーであるSongwon Industrial Co., Ltd.は、広範な高性能ソリューションのポートフォリオを公開し、さらに、新たな難燃剤を発表します。また、業界のリーダーでもあるSongwonは、付加価値の創造、プラスチック業界の発展に貢献する戦略へのコミットメントを鮮明に打ち出します。

シャンパングラス

グローバル市場に向けた多彩な成形ソリューション技術をドイツのプラスチック関連展示会「K2019」で公開

2019年10月10日 – 日精樹脂工業(株)は、今月16日から23日まで、ドイツのデュッセルドルフで開催される世界最大級のプラスチック関連展示会「K2019」において、環境負荷を減らし持続可能な社会を実現するための環境対応技術、また、お客様が抱える「成形加工における煩わしさ」を解決するためのソリューション技術など、最新の射出成形機と成形システムによる成形実演で多彩な提案を行います。

Moxa、鉄道ネットワークに関する技術セミナーを開催 IPベースの列車通信ネットワーク技術を紹介

台湾、台北、2019年10月8日 – 産業用通信およびネットワーキングのリーディング・カンパニーであるMoxaは、来る11月7日に秋葉原UDXカンファレンス(東京都千代田区)において、鉄道関連企業や鉄道通信システムインテグレーターを対象とした技術セミナー「Moxa Smart Rail Seminar」を開催します。本技術セミナーでは、IP通信ネットワークを活用した列車通信ネットワーク技術の最新トレンドやアプリケーションについての講演に加えて、同社製品のデモ展示が実施されます。