SONGWON Industrial Group、2017年第2四半期の決算を発表

ウルサン・韓国 – 2017年8月15日 – SONGWON Industrial Group (www.songwon.com) は本日、2017年第2四半期の決算を発表しました。当期、同グループの累計連結売上は1,867億4,200万KRWとなり、売上純利益率は前年同期比で2.1%減の6.6%となりました。上半期の同グループの累計連結売上は3,617億700万KRWとなり、前年同期比で0.1%減となりました(2016年上半期の累計連結売上は3,621億4,500万KRW)。

曲面スイッチのバックライト機能を実現するPEDOT透明導電センサーを発表

日本モレックス、曲面スイッチのバックライト機能を実現する柔軟性に優れた「PEDOT透明導電センサー」を発表

2017年8月7日 – 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、曲面形状のキャパシティブ(静電容量式)タッチスイッチにバックライト機能を付加できる半透明で柔軟性に優れた「PEDOT透明導電センサー」を発表した。

Micro-Fit TPAコネクターシステムの製品を拡充

日本モレックス、ターミナル位置固定機構を備えた「Micro-Fit TPAコネクターシステム」に、2列リセプタクル製品とケーブルアセンブリー製品を追加

2017年8月2日 – 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、端子の確実な位置決めを可能にするターミナル位置固定(TPA)機構を備えたコネクターシステム「Micro-Fit TPAコネクターシステム」に、従来の1列リセプタクル製品に加えて新たに2列リセプタクル製品およびケーブルアセンブリー製品を追加しラインアップを拡充した。

ヘンケル、横浜にコンポジットラボを開設_コンポジットラボ

ヘンケル、自動車向けコンポジット部品の技術サポート拠点として横浜市に「コンポジットラボ」を開設

2017年7月20日 – ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社のトランスポート&メタル事業本部は、自動車向けコンポジット部品の技術サポート拠点として、最新鋭の試験機器を備えた「コンポジットラボ」を、当社アジアパシフィック技術センター(横浜市磯子区)内に開設しました。

レーデルPPSUを用いた業界初のオールプラスチック製ストップバルブ

ソルベイのレーデル® PPSUが、CiXi Zhenpeng社によるHVAC用途向け加圧高温水システムへの業界初のオールプラスチック製ストップバルブの導入を実現

2017年7月10日 – 特殊ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは本日、高機能レーデル® ポリフェニルサルホン(PPSU)樹脂により、中国に拠点を置くCiXi Zhenpeng Plumbing Fittings社が、暖房、換気、空調(HVAC)用途で使用する加圧高温水システム向けオールプラスチック製バルブの新製品群で、従来の真鍮をプラスチックに置き換えることができたことを発表しました。

SABIC UTF120 film

SABIC、フィルムコンデンサー用途に向けた新しいULTEM™ film UTF120を発表

2017年6月26日 – コンデンサーはさまざまな電気製品に搭載され、電子・電気用途において幅広く利用されている。また同分野においては、高温環境下においても長時間にわたって、電流漏れや電荷減少を生じさせることなく、大量の電気エネルギーを蓄えることが可能な、軽量でコンパクトな高エネルギー密度コンデンサーが求められている。こうした市場ニーズに応えるためSABICでは、同社のポリエーテルイミド(PEI)樹脂を用いた新しいフィルム製品としてULTEM™ film UTF120を発表した。

Shin-Etsu Sepla Film®

ソルベイのキータスパイア® PEEKが信越ポリマーの極薄、高機能フィルムの需要開拓を積極化

2017年6月19日 – 特殊ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは、信越ポリマー株式会社が本格販売を開始する極薄で高機能なShin-Etsu Sepla Film® の製造にキータスパイア® PEEKを供給しています。Shin-Etsu Sepla Film® は、携帯電話のスピーカーダイヤフラムや民生用スピーカーに広く使用されており、またヘッドホンやマイクロフォンなどの消費財にも使用されています。

ソルベイのIxef® PARAは、優れた熱安定性と寸法安定性、表面平滑性を示すことにより、FTE automotive Groupのクラッチアクチュエータの静音性を実現

ソルベイのIxef® PARAは、優れた熱安定性と寸法安定性、表面平滑性を示すことにより、FTE automotive Groupのクラッチアクチュエータの静音性を実現

2017年6月14日 – 特殊ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは、本日、ドライブトレインおよびブレーキシステムの開発で業界をリードするFTE automotive Groupが、Ixef® 1027ポリアリールアミド(PARA)を使用した新しいクラッチアクチュエータシステムの開発を行ったと発表しました。

【メインシンボル】 ツリー:70周年のメインシンボルとして使用

創業70周年を記念したキャンペーンを企画

2017年6月13日 – 日精樹脂工業(株)(社長・依田穂積、本社・長野県埴科郡坂城町)は、本年10月に創業70周年を迎えるにあたり、これまで多くのお客様ならびに取引先の皆様からいただいた多大なるご愛顧、ご支援に対し、感謝の意を込めた記念キャンペーンを企画、併せて70周年記念のシンボルマークを制定しました。

高機能ライトンPPSでFord社のULV25自動車用トランスミッションオイルとの適合性を証明

ソルベイの高機能ライトン® PPSでFord社のULV 25自動車用トランスミッションオイルとの適合性を証明

2017年6月7日 – 特殊ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは、本日、複数のグレードのライトン® ポリフェニレンスルフィド(PPS)樹脂が、Ford社の超低粘度ULV 25自動車用トランスミッションオイル(ATF)と高い適合性を持つことを確認したと発表しました。

研究開発センター

本社内の研究開発センターをZEB化

2017年5月29日 – 日精樹脂工業㈱(社長・依田穂積、本社・長野県埴科郡坂城町)は、革新的省エネルギー技術の導入による環境負荷の低減を目指し、本社敷地内の研究開発センターの「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」化を計画、同センターの改修工事を実施し、本年2月27日、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の評価で「ZEB Ready」に認証されました。

燃料および潤滑油向け酸化防止剤「SONGNOX L670」を発表

ソンウォン、燃料および潤滑油向け酸化防止剤「SONGNOX® L670」を発表、STLE 2017展で展示紹介

2017年5月22日 – スペシャルティケミカルズのリーディングカンパニーであるSONGWON Industrial Groupは、5月21日~25日に米国アトランタ州で開催される潤滑油関連の技術会議および展示会「STLE Annual Meeting & Exhibition」に初めて出展します。

ソンウォン、Chinaplas 2017に出展し中国プラスチック業界におけるポジション強化に向けた取り組みを訴求

2017年5月16日 – 世界第 2位のポリマー添加剤メーカーであるソンウォンは、中国・広州で5月16日~19日にかけて開催されるChinaplas 2017に出展することを発表しました。ソンウォンは、中国プラスチック業界におけるポリマー添加剤のリーディングカンパニーとして、市場ポジションのさらなる強化を目指しています。