東京PRの特徴

東京PRの事業領域

• プレスリリースの翻訳や配信など、日常の広報実務に人と時間を確保できない...
• オウンドメディアの活用について、一緒に考えてくれるパートナーが欲しい...

東京PRは1968年の設立以来、広報専業の代理店として化学、半導体、産業機械といったB2Bテクノロジー分野のクライアントを中心に、国内および海外での広報活動とマーケティング活動をサポートしています。
東京PRは広報活動とマーケティング活動の両面に携わることで、「広報メッセージ」と「マーケティングコンテンツ」の発掘と管理を一元化し、相乗効果を発揮しながら、マーコム活動全体の効率化を実現いたします。

マーコム活動全体のフロー

workflow

 

広報/マーケティングの課題に対応

東京PRは、広報資料の書き起こし、英文資料の日本語化、取材アレンジメントといった広報活動の実務に加え、ウェブを中心とした情報コンテンツの作成と運用を支援いたします。

広報活動

プレスリリースを年間30本以上配信したい

VIPの来日に合わせてインタビュー取材や記者発表会を実施したい

展示会ブースに記者を招きたい

海外本社から広報プログラムの国内展開をリクエストされているがリソースが足りない

国内広報は自社で実施しているが、海外展開にはPR会社を利用したい

海外の展示会へ出展するので、現地メディアとの取材をアレンジしたい

 

マーケティング活動

ウェブサイトをマーケティングに活用したい

オウンドメディアの運用が上手く回っていない

コンテンツ制作のアイディアが欲しい

顧客フォローのためにメルマガを発行したい

展示会で集まった名刺を効率的にフォローしたい

社外に発信する情報を一元化したい

 

現場の声を広報/マーケティングへ展開

東京PRは広報プランニングにあたり、マーコムチームだけでなく、製品担当者とのミーティングを重視しています。日頃、顧客と接している現場担当者へのヒアリングは、新たな広報機会発掘のトリガーとなります。

現場の声を重視

hearing

東京PRでは、こうしたフローをマーケティング活動へ横展開することで、ターゲット顧客に響くコンテンツの開発・運用を支援します。

東京PRのサービス事例はコチラへ。