一次翻訳から目的に応じた二次加工まで対応

利用目的に合わせてリライト

translate474x342
翻訳案件では、翻訳そのものよりもレビューの工程に時間を取られているのではないでしょうか。

単語一つとっても、企業ごとに社内で定着している訳語があります。

文法に沿って単語を置き換えるだけでは、とても読みにくい文章になる場合があり、文意を誤解される懸念も生じます。

東京PRでは、

  • 英文和訳: 用語や言い回しの統一、用途に適した読み易い日本語にリライト
  • 和文英訳: ネイティブのライターによる校正およびリライト

...など、広報およびマーケティング活動で発生する翻訳業務をサポートいたします。

特にプレスリリースを日本語化する場合は、

  • 日本語に馴染まない言い回しを書き換え
  • 不要と思われる部分を削除
  • 説明の足りない部分は追加作文

...などの追加作業が必要になる場合があります。

また日本のメディアに興味を持って頂けるよう、原稿内容の追加・修正などもご提案させて頂きます。

海外展開時には、取材・作成した日本語版原稿の英訳に加え、必要に応じてローカル言語への翻訳も承ります。

翻訳原稿のレビュー作業に多くの時間を費やしているようであれば、一度ご相談ください。

 

翻訳対象

広報資料

  • プレスリリース
  • プレゼンテーション資料
  • 技術原稿、ホワイトペーパー

制作物

  • 会社案内
  • 製品ガイド

デジタルコンテンツ

  • ウェブサイト
  • ビジネスブログ

その他

  • 展示会装飾
  • 広告原稿

...など

 

東京PRでは、翻訳のみの案件はお受けしておりませんので、あらかじめご了承ください。